無料カウンター

ソーラーシェアリング活用術

「ソーラーシェアリング」とは、「太陽光発電システムを用いた電気売買」を行う方法です。
広大な土地面積を持つ農地は日照を妨げるものがなく、太陽光発電には適しており、その中でもここ数年で農地の効率的な活用方法として「ソーラーシェアリング」は特に注目されています。
ソーラーシェアリングの対象となる農地には大きく分けて2種類あります。

転用型と営農型です。

「転用型」

農地を農地以外を目的として使用すること。

「営農型」

農地経営をしながら別の収入を得ること。
その中で、農業をしている人がソーラーシェアリングをする形式は基本的に「営農型」であり「農地の一時転用」として運用されています。
営農型とはいっても、これまでの作物の売買を辞めたり、減少させたりして農地全てに発電設備を取り付けるわけではありません。
農地で使用していない部分に太陽光発電システムを取り付けて、農業との兼業を目指す方法がソーラーシェアリングです。
ちなみに実際に行われている方法は、一般的な大きい太陽光発電パネルではなく、下記のようなもっと小型のパネルを使用して作物にも太陽光が届くようになっています。

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

太陽光小型パネルの一例

パネルは、作物の上空部分に専用の支柱を立てて取り付けます。こうすることで、パネルが全ての太陽光を遮断せずに、下部にある作物まで太陽光が届くのです。
こうした仕組みによって、作物を十分に育てながら、太陽光発電システムによる売電収入を得るという、二重の利益を獲得する方法がソーラーシェアリングとなります。

ソーラーシェアリングの利益の仕組みと使用感

作物を十分に育てながら、太陽光発電システムによる売電収入を得るという、二重の利益を獲得する方法がソーラーシェアリングとなります。
特にソーラーシェアリングで利益を得るための仕組みは、農作物の売買収入と太陽光発電システムによる売電収入の2つです。

@作物の生産販売による収入

A太陽光発電による売電収入

美味しい農作物を作るためには手間と時間が非常にかかりますが、太陽光発電システムは設置さえしてしまえば、日常的に行なうことはなく、これまでと変わらない作物生産に集中する事ができます。

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

また、太陽光パネルを取り付けているのも、地上から3mほどの高さのため、収穫などの邪魔になることもあまりありません。つまり、あなたがソーラーシェアリングを導入しても、生活や農業のスタイルが今と大きく変わることはないのです。さらに、太陽光パネルを設置するための支柱は、そこまで大きく太いものではありません。そのため、農地を大量に占領してしまうこともありませんので、今までと同じように農業を続けらる事も利点のひとつです。
今までと同じ農業を続けながら売電収入だけが増える、この手軽さがソーラーシェアリングが急速に取り入れられている大きなメリットになります。

利益の計算方法

では、実際にどのようにして利益を確かめれば良いのか、計算方法について確かめていきましょう。
まず、メインの利益となるのは現在行っている農業による収入です。なので、今の収支状況がそのままソーラーシェアリングの利益になると考えて問題ありません。
次に、太陽光発電システムによる売電収入です。
売電収入の基本となる売電価格は、発電量によって家庭用と企業用に分ける事ができ、ソーラーシェアリングの場合は企業用の売電価格となります。
平成28年度の企業用の売電価格は1kWhあたり「24円+税」です。
また、発電した電力を自宅用として使用する場合と、全て売電する場合では違う計算式になります。
以下の計算式では、住宅用として利用する分の発電量を利益として計算します。

【利益分の計算式】

・住宅用として電力を利用する場合

自家使用分発電量×24円+見込売電量×37円=見込利益

・電力全て売る場合

発電量×32円×消費税=見込利益

※平成26年度における全量買取制度の適用を受けた場合
※ソーラーシェアリングのみ
なので、あなたが取り付けた太陽光発電システムによって発電された電力を、この売電価格で計算することで売電よる利益を計算することができます。
この売電価格は「10年間」あるいは「20年間」適応されるため、安定した収入源といわれるのも、この制度が関係しています。
一般的には、農地の規模や面積が広くなるほど発電量が増えるため、その分売電収入も増えるのですが、目指す利益によって設置する規模や面積も変わってしまうため、導入までに考えや目標をしっかり考えてから設置するようにしましょう。

農地との相性や問題点を確認

二重の利益が可能になるソーラーシェアリングですが、100%メリットのみとは言い切ることが出来ません。
そこで、太陽光発電システムと農業の相性を改めて検証していきます。
合わせて、ソーラーシェアリングが抱える問題点やデメリットにも触れていきますので、導入を検討している、導入してみたいと考え始めたあなたも、一緒に確認していきましょう。

ソーラーシェアリングがもたらすデメリット

・遮光が起きる

・作物への影響が出る可能性

農業で扱う土地は、地面付近のみであることが多いです。
果樹園などの背丈が高いものを扱わなければ、相性が良いと言えるでしょう。
ですが、ソーラーシェアリングでは遮光という問題点を引き起こしてしまうのです。
遮光とは、文字通り太陽光を遮ってしまうことを意味しています。ソーラーシェアリングでは十分な太陽光を確保してるのですが、現在と100%同じ強さの光を与えることは出来ません。どうしても、パネルによる影ができてしまうのです。

ソーラーシェアリングによる遮光率を算出

ソーラーシェアリングの場合、影による遮光率は「30%」程度になるといわれています。
作物の成長には問題なくても、美味しさや作物の色艶などに影響が出てしまうこともありますので、あなたの作物が太陽光の恩恵をどれくらい受けているのかにも、十分に把握しておきましょう。

ソーラーシェアリングと相性が良い作物

日照時間や太陽光の強さに影響が出てしまうソーラーシェアリングですが、どんな作物と相性が良いのか考えていきます。
まず、注意しておきたいのは「夏野菜」といわれるものです。
トマトやスイカのような夏に旬を迎える作物は、成長に多くの太陽光が必要になるといわれているため、相性があまり良くありません。
また、夏野菜の中でも、キュウリやナスなども注意が必要です。
ですが、太陽光パネルを設置する間隔を広くしたり、向きを変えられるようにしたりする事で、遮光率を減らすことが出来ます。
そのため、作物によってどのように太陽光パネルを設置するのかを考えておくことも必要です。

解消ポイント

太陽光が多く必要とされる作物には向いていないものの、太陽光パネルの設置場所や角度を変える事によって導入は十分可能です。
一方で、葉物野菜やきのこ類と言った、日陰を好む作物とは非常に相性が良いとされています。
日照時間を意図的に減らせるため、直に太陽光が当たらず成長しやすくなるのです。
ただし、成長に最低限必要な太陽光は確保しておくのを忘れないようにしましょう。
ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

 


ソーラーシェアリングに適した農業の一例

@お茶農家

【理由】好立地に面した農家が多いものの、太陽光を強く浴びすぎると渋みが増してしまうため適している。

A季節毎にしか収穫できない作物農家

【理由】収穫時期の限られる作物は、年間を通して無収入の期間がありそれを補うのに適している。

B半陰性植物の農家

【理由】ほうれん草や小松菜、ワサビや芋類といった半日程度の日照時間で良い作物に適している。
ソーラーシェアリングによる影響で作物が育ちやすい、育ちにくいといった実例は、まだまだ少ないのが現実です。
なので、あなたが何を重要視して作物を育てているのかを改めて考えておくのも大切なのかもしれません。

天候による被害

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

ソーラーシェアリングが人気を集めている大きなポイントが、農業での不安定な収入を安定化させることです。
ですが、農業による収入が不安定になってしまう背景には、天候による作物の不作が関わっています。
日照時間がいつもより長かったり短かったりすることで、十分に成長できずに出荷できなくなってしまうのです。
昨今の野菜価格の高騰も、こうした天候による不作が原因だといわれていますよね。
実は、ソーラーシェアリングも、天候によって収入が左右されてしまいます。
当たり前ですが、日照時間が短ければその分発電量も少なくなってしまうため、売電収入も少なくなるのです。
つまり、農作物も太陽光発電も共通している事がデメリットとして知られています。
ただ、適切な日照時間は、作物によってさまざまです。
日照時間が長すぎる場合は太陽光パネルで日陰を作ってあげることで不作を防ぐことも考えられています。
なので、必ずしも相性が悪いというわけではなく、使い方を工夫すればお互いがメリットになる可能性もあるのです。農業と太陽光発電の相性が悪い訳ではありません。
農作物との相性によって経済効果が大きく変わってしまうことが、ソーラーシェアリングで最も抑えておきたいポイントとなっています。

ソーラーシェアリングにかかる費用

メリットが多いソーラーシェアリングですが、誰もが無料で導入できません。
そこで、ソーラーシェアリングを行うために必要なお金の問題を確認していきます。
導入するためにどれくらいの費用が必要なのか、維持するための税金や条件などを、しっかり抑えていきましょう。

ソーラーシェアリング設置費用の目安

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

ソーラーシェアリングを行うための費用には、大きく分けて、以下の4つです。

「太陽光発電パネル」

「工事費」

「発電所との連携費」

「各種設備費用」

( 接続箱 / 集電箱 / キューピクル / パワーコンディショナー / 計測装置 / 支柱 )

この中でもメインの費用となるのが太陽光発電パネルの料金です。
太陽光パネルを増やせば発電量が大きくなり、売電収入は増えていきますが、設置枚数が多くなれば、当然高額になります。
ただし、基本的な内容であればこれら全てがセットになっていることもありますので、このセットでも十分です。

【セット導入の平均価格】

100?150万円程度

(※農地面積100uあたり)

発電量や設置規模によっても費用は変わってきますが、一般的な広さの農地であれば300万円前後。全体平均350万円が導入できる目安の価格になります。
また、設置会社によっては価格差があり、高いものだと同じ面積でも「1,000万?2,000万円」するところがありますが、基本的には高性能パネルや素材の違いが高額な理由となる事がほとんどです。

ソーラーシェアリング導入のための適性価格

現在販売されているパネルや素材は特段大きな違いはなく、一般的な機能だけでも十分に活用できるので「400万?500万円前後」で考えておけばソーラーシェアリング導入が可能です。
設置費用と収入のバランス、農業による収入どの兼ね合いを考えながら、適切な設備を導入しましょう。

ソーラーシェアリングには補助金が出ることもある

太陽光発電設備を設置するためには、一般家庭と同じように「補助金」の対象となることがあります。
ですが、補助金は市町村や自治体によって金額や条件が異なり、そもそも行っているのかどうかも地域差が大きいです。
そのため、事前にあなたが暮らしている地域でソーラーシェアリングのための補助金についても調べておくのがおすすめです。

ソーラーシェアリング維持にかかる税金

ソーラーシェアリングを利用するにあたって、初めに用意すべき費用は設置費用ですが、特に確認しておきたい費用が「税金」だといわれています。
まず、太陽光発電設備を農地に取り付ける場合には「固定資産税」が発生します。
さらに、太陽光発電設備を取り付けることで、農地ではなく「宅地」として扱われるめ、農地のときよりも固定資産税が高額になってしまうのです。
ただし、ソーラーシェアリングの場合は、同時に農業も行っています。
農地全てに太陽光発電設備を取り付けるのではありません。なので、ソーラーシェアリングでは「一時転用」の手続きを行います。
この手続きを行うことで、太陽光発電設備を取り付けても、現在と同じように農地として固定資産税が計算されます。
そのため、固定資産税も今と大きく金額が変わらないといわれています。
ですが、太陽光発電設備自体が固定資産税の対象になることもありますので、きちんと専門機関に税金がどのようになるのかを確かめてください。

ソーラーシェアリングを活用できる条件

さて、ソーラーシェアリングの導入についてまとめてきましたが、知っておきたい注意点があります。
それは、

「農地であればソーラーシェアリングが100%できるとは限らない」

ことです。
実は、ソーラーシェアリングを行うためには条件を満たした農地に限られています。
その条件には以下のような例があります。

架台の支柱部分を転用とみなし農業委員会の許可無しでは導入不可。

転用は一時転用扱いとして導入計画により許可され、3年ごとに審査し見直される。

営農の継続が担保されるとともに、作物の生産に支障がない遮光率で耕作機械の利用可能な空間が確保されている事が必要。

支柱は簡易な構造で、技術的、経済的に撤去が担保された計画であること。

(引用元::一般社団法人 ソーラーシェアリング協会
これを短くまとめると、

・農業を行っていること

・3年に1回は必ず審査を受けること

・ソーラーシェアリング導入のための審査を受けること

この3つが条件です。
あくまで、一定条件下のもとでソーラーシェアリングは行なわれるので、先走りしないように注意しましょう。
太陽光発電を設置してから途中で上記条件に該当しなくなった場合には導入した太陽光発電設備を全て撤去しなければいけません。
なぜこのような複雑な条件や手続きが必要かというと、ソーラーシェアリングはあくまでも農地の一時転用、特別な取り扱いだからです。
つまり、農業がメインの収入源となっており、太陽光の売電収入は副収入として考えられています。太陽光発電は農地の一時転用にすぎないのです。
そのため、きちんと農作物を作ること、条件にきちんと見合っているか、定期的に審査を受けなければいけません。
農業を営んでいる人にとっては非常にありがたいソーラーシェアリングですが、こうした導入における条件や手続きなどをしっかりおさえておきましょう。
もし忘れてしまうと、利益を手に入れる前に非常に大きな負債を抱えてしまうかもしれないので注意が必要です。

作物農家のソーラーシェアリング導入事例

では、ソーラーシェアリングを導入された方はどのように感じているでしょうか。
率直な感想を見てみましょう。

果物農家Sさんの事例

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

[設置費用:377万円 / 運用年数:1.5年]

@なぜ導入を決めたのですか?

「毎年決まった時期になると出荷しますが、台風等の影響で収穫できない月もあり非常に不安定でした。少しでもその分をカバーしたいと思ったのがきっかけです。」

A導入に対する不安はありましたか?

「設備費用は決して安くはありませんでしたし、果物への影響も考えていました。」

B導入後の感想

「売電収入が安定してくれているので助かっています。また、遮光率を考えて設置して頂いたので果物の影響はほとんどなかったのは良かったですね、年を通してみれば売上は上がっています。想像していた以上に良かったのは、台風などが来てもビクともせず丈夫なことでした。」

お茶農家Tさんの事例

ソ−ラ−シェアリング,活用術,農地,駐車場

[設置費用:292万円 / 運用年数:1.5年]

@なぜ導入を決めたのですか?

「茶葉というのは強い日光を浴び過ぎてしまうと強い渋みが出てしまいます。そんな時にソーラーシェアリングの話を聞いて、単純ですが、ちょうど良いと思ったのがきっかけです。」

A導入に対する不安はありましたか?

「ペットボトルなどでお茶ブームが盛んですが、恩恵を受けたのは一部の大手農家のみで、実際に中小茶畑は、値下がりの影響を受けたり出荷先も限られるばかり。設置費用を考えても、収入に見合うのか。正直、当時は厳しい状況にあり導入に大きな不安がありました。」

B導入後の感想

「茶葉の売上が大きく上がってはいないですが、売電収入で売上が出るようになり将来にも希望が持てるようになりました。」

ソーラーシェアリング取扱企業の探し方と手続き

最後に、ソーラーシェアリング用の太陽光発電設備を扱っているメーカーや会社の探し方を紹介していきます。
どれも同じように見えても、依頼する会社によって特徴があります。
設置のための費用は決して安い金額ではありませんから失敗しない事がとても重要です。
1番良い会社というのは必ず見つかります。失敗させない為にも1社に限るのではなく、余計な費用や時間をかけない為にも、まずは複数の候補を出して選択するようにしてください。
ソーラーシェアリングの導入を成功させるためには、依頼する会社選びから始まっています。

ソーラーシェアリングを上手に活用して農作物を育てながら有効活用を!

農地の有効活用というと、今までは農作物の作成を辞めて、太陽光発電設備を設置するのが一般的でした。
ですが、近年では農作物を育てながら太陽光発電が行えるソーラーシェアリングが、農地の有効活用方法として注目を浴びるようになりました。
農作物による利益と売電による利益という2つの収入を同時に活用できる仕組みのため、農業での経済の不安定化を解消し、より儲かる働き方として若い世代からも注目されています。
しかし、まだ新しい技術のため、農作物に与える影響などの実例が少ないというデメリットがあるのも事実です。
補助金などの制度が追いついていないこともありますので、専門業者などに相談しながら導入を決める方が、一存で決めるよりも良いかもしれません。
利点が非常に大きいソーラーシェアリング。この機会に、農業以外の収入源としてソーラーシェアリングの活用を、家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

 

引用:土地ハックより

太陽光発電のメリット・デメリット

ご連絡・お問い合わせはこちら

外出が多いので、携帯にご連絡ください。 090-2896-4555
お急ぎでなければメ−ルしてください。 info@ailivingu.com

*件名に『アイリビングへ』と入れてください。

ファックスの方は 0896-57-2766