無料カウンター

土地

土地の価格はどのようにして決まるのでしょうか?

土地の所有者が売りたい価格を提示し、土地を探している方が了解した時、売買価格が決定します。土地の所有者は、どうせ売るならより高く売りたいと思うでしょうし、土地を探している方は、より安く買いたいと思うのが当たり前です。そこで、両者の間にたって価格交渉の役目を担うのが不動産仲介業者です。両者の意見が平行線の時は交渉決裂となり、新しい相手との交渉となります。 このように価格交渉するためには、元となる価格を導き出す必要があります。これが価格査定です。

土地の価格には、一物四価といって四つの価格が存在します。

まず一つ目は実勢価格と呼ばれる、実際に取引されている地価のことです。地元の不動産屋さんが「この辺りは坪○○万円で取引されています」といった実際に取引された実績価格です。

二つ目は地価公示価格です。

地価公示法に基づいて、国土交通省が発表する全国の土地価格の基準となる数値のことです。 また国土交通省以外にも、各都道府県が毎年7月1日時点の標準価格を

「都道府県基準地標準価格」として公表しています。

三つめは相続税路線価です。

各道路の路線ごとに国税局が決定した土地の単価、1平方メートルあたりの価格のことを指します。

そして四つ目は固定資産税路線価です。

固定資産税を算出する為に総務大臣が定めた固定資産税評価基準に基づいて、各市区町村が定めた路線価格のことです。 これらの価格で実勢価格以外は公共性があり、誰もが同じ値を導くことができます。しかし、当事者が知りたいのは、適正な実勢価格でしょう。残念ながら、当事者にとっての適正な価格は、それぞれに価値観が違うため、公共性がないので、交渉価格を査定価格として導き出すしか有りません。

弊社の査定手法

 弊社では、公示価格を基に路線価を利用して、調整率を加えて算出します。先ず対象となる土地に近い公示価格を以下のHPから選択します。次に、対象となる土地の相続税路線価を以下のHPから探します。路線価がない場合は固定資産税路線価を以下のHPから探します。

 

相続税,,お役立ち,価格査定

 

対象となる土地が公示地価であれば、公示地価に地積を乗じて査定価格とします。地積は、登記事項証明書に書かれている面積(公簿面積)、または実際に測量した面積(実測面積)とします。 対象となる土地が面する路線価を決定し、国税庁の価格補正率を加えて路線価格を導きます。この路線価格に、公示価格と路線価との比率を加え、地積を乗じて
査定価格とします。路線価がない場合は、各市町村で固定資産税評価額を調べて、固定資産税評価倍率表から得た倍率を乗じて査定価格とします。固定資産税評価額が調べられないときは、一番近い公示地価の
基準地と比較して掛け目を出し、地積を乗じて査定価格とします。ご自身で一度トライしてみてはいかがでしょうか。ご依頼は下記へご連絡お願いします。

建物

現在勉強中

ご連絡・お問い合わせはこちら

外出が多いので、携帯にご連絡ください。 090-2896-4555
お急ぎでなければメ−ルしてください。 info@ailivingu.com

*件名に『アイリビングへ』と入れてください。

ファックスの方は 0896-57-2766